女性のキレイを保つ黒色の食材でスッキリクレンズができると話題沸騰中の黒汁(KUROJIRU)。
活性炭ダイエットという今までの常識を覆す理想のボディを手に入れることができる、見た目は真っ黒な黒汁(KUROJIRU)です。

こだわり配合は3つの炭のパワーの吸着力、吸収力です。
9種類の黒成分と2種類の乳酸菌が配合されており、250種類以上もの植物や果物の発酵エキスが入っているんですよ!

気になる味は、人工甘味料を使っておらず、自然の甘みを活かした黒糖がほのかに香る玄米の味です。
クセがなくやさしい味わいで飲みやすく飽きないから続けやすい!

黒汁(KUROJIRU)クレンズダイエットはとても簡単、混ぜて飲むだけ、インナーケアが可能で、忙しい毎日にもぴったりです。
朝食のカフェラテを黒汁(KUROJIRU)に置き換えるだけでも充分摂取カロリーを抑えることができます。

そんな女性に魅力的に映る黒汁(KUROJIRU)は、妊娠中の女性でも飲むことが可能なのでしょうか。
実際、公式サイトでは、妊娠中の女性は飲むのを控えるようにという注意書きがしてあります。

黒汁(KUROJIRU)は余分なものを吸着し、排出してくれ、必要なものを摂取できるドリンクです。
では妊娠中にはどのようなもので置き換えれば良いのでしょうか。

妊娠中は何より胎児への栄養源を摂り入れることが大切です。
黒汁(KUROJIRU)に含まれているものは、発酵黒しょうがに黒ジャバラ、黒スグリに黒大豆きなこ、黒酢に黒ニンニク、黒高麗人参と黒ハチミツ、黒チアシードです。

これらを単品で摂取する分には妊娠中の女性でも問題ありません。
冷え性も改善され、アンチエイジングにも働きかけてくれる美容素材が詰まっています。

さらに2種類の乳酸菌も配合されていますから、こちらも妊娠中の女性は食品から摂取するとよいでしょう。
その2種類の乳酸菌とはスタイル乳酸菌と呼ばれるものと、ナノサイズ乳酸菌と呼ばれるものです。

スタイル乳酸菌はキムチ由来の植物性の乳酸菌で、お腹の中から免疫力をアップしてくれます。
ナノサイズ乳酸菌はヒト由来の乳酸菌で、熱に強く吸収性が高いナノサイズの乳酸菌EF-2001です。
大腸を刺激し、整腸作用や便通改善に働きかけます。
妊娠中は普段便秘でない女性も便秘になりやすい傾向がありますから、この乳酸菌は嬉しいですね。

キムチ由来の乳酸菌はダイエッター効果を持つ植物性の乳酸菌が含まれています。
韓国人女性がスラリとスリムで美しいのはキムチの脂肪燃焼効果があってこそなんですよ。

また野菜不足を解消するために黒汁(KUROJIRU)には250種類以上もの植物、果物発酵エキスが配合されています。
250種類も妊娠中に1度に食べることはできないでしょうが、野菜ジュースや日々の食生活のバランスを整えて、野菜や果物をより多く摂ることをおすすめします。

妊娠中に黒汁(KUROJIRU)は飲むことは出来ませんが、無事授乳が終わり、卒乳すれば飲むことが可能です。
産後ダイエットとして黒汁(KUROJIRU)を活用するとスムーズな産後ダイエットを行うことができるでしょう。